チャイナ  エアラインの評判!最新レビューと航空会社比較を更新中!

チャイナ エアライン評判!
最新レビューと航空会社比較を更新中!

今回は海外旅行の旅費に焦点をあててみます。行きたい国が決まったら購入しなければならないのが航空券。
航空会社がたくさんあって違いがよく分からない・・・そんな人も多いのではないでしょうか。
こちらではチャイナ エアラインの評判、フルサービスキャリアとLCCの違いについても触れていきます。
旅先でのスケジュールをたてながら、希望予算に近い航空券チケットを探してみましょう。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

チャイナ エアラインをおすすめするポイント

飛行機での海外旅行。航空会社は世界中にたくさんあり、どこを選べば良いのか迷ってしまうことも少なくないでしょう。
今回はチャイナ エアラインをおすすめする理由をご紹介します。

チャイナ エアラインの特徴1:台湾を代表する航空会社

チャイナ エアラインは台湾のフラッグキャリアで、桃園空港を拠点として世界各地に就航している人気の航空会社です。
日本からは台湾旅行の際に利用される航空会社としてもおなじみですが、ヨーロッパやアメリカ、オセアニア、東南アジア方面など台北での乗り継ぎが非常に便利であることも人気の理由のひとつでしょう。
機内食もメニューが豊富で、演出が凝っていたり宗教や健康上の制限にも対応していたりとサービス面も充実しているエアラインです。

チャイナ エアラインの特徴2:格付け評価

世界中の航空会社の格付けを発表している機関として有名なイギリスのスカイトラックス社。その格付けで、チャイナ エアラインは4つ星という高い評価を得ています。
機内食においてもエアライン優良機内食サービス賞を受賞していたりと、チャイナ エアラインは様々な面で評価されている航空会社だということが分かります。

チャイナ エアラインの特徴3:安全性

飛行機に乗る上で重要な安全性。チャイナ エアラインは安全性にも自信のある航空会社です。
格付け機関AirlineRatings.comの安全度では、チャイナ エアラインは最高評価の7と発表されています。これは日系航空会社であるJALやANAと同じ評価。安全性についてもとても高く評価されているのがチャイナ エアラインです。
旅は飛行機に始まり飛行機で終わるもの。安心で快適なフライトは旅の思い出の一部として残るでしょう。


チャイナ エアラインの特徴3:安全性

チャイナ エアラインと他航空会社との料金比較

チャイナ エアラインのおすすめポイントは上記で紹介した通りですが、では料金はどのくらいなの?料金は一番気になるところでもあります。
ここではチャイナ エアラインと他の航空会社とで航空券の料金を比べてみます。比べる対象は、日系の航空会社(JAL、ANA)、そしてLCC(ジェットスター、スクート)です。

チャイナ エアラインの料金比較:日系航空会社(JAL、ANA)

まずはフルサービスキャリアの航空会社で比べてみます。
JALやANAは日本が誇る航空会社。知名度も抜群ですが、ややお値段は高いようです。
チャイナ エアラインはフルサービスキャリアですが、JAL・ANAと比べると料金はリーズナブル。ファーサイトで航空券を購入すれば、よりお得になることが分かります。
ちょっと奮発して日系航空会社に搭乗するのも良いですし、フルサービスを存分に味わえてJAL・ANAよりは費用を抑えたいのであればチャイナ エアラインがおすすめです。

フルサービスキャリアの比較

【日本⇔台湾】エコノミークラス   ※2021年3月1日~3月3日の場合
チャイナ エアライン往復 36,000円~(ファーサイトで購入した場合)
JAL往復 49,070円~
ANA往復 53,620円~
【日本⇔台湾】ビジネスクラス   ※2021年3月1日~3月3日の場合
チャイナ エアライン往復 81,000円~(ファーサイトで購入した場合)
JAL往復 153,070円~
ANA往復 152,660円~

チャイナ エアラインの料金比較:日系航空会社(JAL、ANA)

チャイナ エアラインの料金比較:LCC(ジェットスター、スクート)

近頃人気の航空会社にLCCと呼ばれるものがあります。何よりも格安をウリにしている航空会社で、とにかく安いのが人気の理由。なぜ安いのかというと、座席指定や機内食、アメニティの配布などが別料金になるからです。そういったサービスが含まれていないので格安で購入できるという仕組みです。帰りの荷物が重くなってしまうと、追加料金が発生する可能性も高いです。
また、快適性もやや劣ります。座席のシートピッチや座り心地など、フルサービスキャリアとLCCを乗り比べてみると、その差は一目瞭然。フライトの遅延が多いという声もよく聞きます。

そんなの気にしないという人には、旅費を安く抑えられるLCCが良いでしょう。 しかし、安全性や乗り心地、サービス面もしっかりした飛行機に乗りたいという人はやはりフルサービスキャリアがおすすめです。
チャイナ エアラインなら、フルサービスキャリアでしっかりしているのに、料金はLCCとそこまで変わりません。ファーサイトで購入すれば、尚お得です。

チャイナ エアラインとLCCの比較

【日本⇔台湾】エコノミークラス   ※2021年3月1日~3月3日の場合
チャイナ エアライン往復 36,000円~(ファーサイトで購入した場合)
ジェットスター往復 25,300円~
スクート往復 26,680円~

チャイナ エアラインの料金比較:みんなの満足度

次に、チャイナ エアラインの口コミ体験談を見てみましょう。フルサービスキャリアにするかLCCにするか迷ったらぜひ参考にしてみてください。

チャイナ エアラインの口コミ・体験談

  • ・チャイナエアラインに乗るのはこれで3回目ですが、やっぱり好きな航空会社だと実感しました。最近はLCCばかり乗っていて久しぶりのフルサービスキャリアだったので、余計に快適に感じました。
    希望の席まで選べました。LCCはいつも満員で席を選べたことは一度もなかったのでこれも嬉しかったです。
  • ・LCCとの差はやはりありました。老舗航空会なので職員の対応も素晴らしい。
  • ・LCCの値段にプラス10000円くらいで、預け荷物と機内食が含まれている。LCCよりむしろコストパフォーマンス良すぎるくらい。機内食も評判通り、オイシかったです。次も是非利用したい!
  • ・台北への旅行の際にLCCを含め幾つかのエアラインを検討しましたが、フルサービスにしては価格が安く、コスパと便数の多さ(時間帯を自由に選べる)でチャイナエアラインを選択。実際に乗ってみた印象は大正解でした。
  • LCC台頭する中で、この価格でフルキャリアサービスは嬉しい限りです。

チャイナ エアラインの料金比較:みんなの満足度

チャイナ エアライン評判のまとめ

数ある航空会社の中でもチャイナ エアラインの評判が良いのがお分かりいただけたと思います。チャイナ エアラインは、台湾旅行で利用する人が多いイメージですが、台北経由で世界各国に行ける便利な航空会社です。
JALやANAは少し高いな・・・でもLCCだと不安だな・・・という方に特にぴったり。
手厚いサービスに高い安全性、旅がより一層楽しいものになるでしょう。
チャイナ エアラインで海外旅行に出かけてみませんか?

チャイナ エアラインの申し込みはファーサイトがおすすめ

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

チャイナ エアライン利用のツアー一覧はこちら