1. ファーサイトTOP >
  2. チャイナ エアライン基本情報 >
  3. チャイナ エアラインのビジネスクラスはここが凄い!ビジネスクラスとエコノミークラスの違いも徹底比較
  チャイナ エアラインのビジネスクラスはここが凄い!ビジネスクラスとエコノミークラスの違いも徹底比較

チャイナ エアラインビジネスクラスここが凄い!
ビジネスクラスとエコノミークラスの違いも徹底比較

台湾のフラッグキャリアであるチャイナ エアライン。世界29カ国181都市に就航しており、日本からは14都市15空港に就航。
旅先として人気のある台湾への旅行で利用したことがある人も多いのではないでしょうか。
人気の台北・高雄はもちろん、桃園空港を経由して東南アジアやヨーロッパ方面への旅行など、幅広いフライトが便利な航空会社です。朝早くから夜遅くまで多数の便が就航しているのも便利。
ここではチャイナ エアラインの魅力に迫ってみましょう。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

チャイナ エアラインのビジネスクラスの特徴7選

ここでは、チャイナ エアラインのビジネスクラスについて、注目すべき特徴を7つご紹介します。

ビジネスクラスの特徴1:シート

まずはA330型機の座席について詳しく見ていきましょう。
A330-300は機材によってビジネスクラスのシートが2パターン存在します。
どちらも配置は2-2-2で同じですが、席の数やシートピッチなどが若干異なります。

ビジネスクラスの特徴1:シート

座席配置

①ビジネスクラスが30席の機材:2-2-2
②ビジネスクラスが36席の機材:2-2-2

座席数

①ビジネスクラス:30席
②ビジネスクラス:36席

シートピッチ

①ビジネスクラスが30席の機材:160cm
②ビジネスクラスが36席の機材:132cm

リクライニング角度

①ビジネスクラスが30席の機材:160度
②ビジネスクラスが36席の機材:140度

ビジネスクラスの特徴2:機内食

チャイナ エアライン ビジネスクラスの特徴2:機内食

チャイナ エアラインでは、お好きな機内食を事前に予約できる「Eメニュー」という制度を利用できるのがビジネスクラスの特権です。
美食の国、台湾の航空会社とあって、機内食がおいしい!とファンも多いようです。また、健康的な食事で病気を防ぐという医食同源の考えをコンセプトにしているので、ヘルシーで栄養バランスが良いのも高ポイント。台湾料理の他に、洋食や和食もあり、季節ごとのメニューも楽しめます。こういった工夫がチャイナ エアラインの機内食が愛される理由のひとつでしょう。

ビジネスクラスの特徴3:ラウンジ

ビジネスクラスの特徴3:ラウンジ

ビジネスクラスに搭乗する人は、専用のラウンジを利用することができます。
チャイナ エアラインのラウンジは、清潔感溢れるくつろぎの空間になっています。
テーブル席、ソファ席、カウンター席など様々なタイプがあり、席数も余裕があります。
フードも中華系料理を中心に、メニューが豊富。小籠包などの点心や麺類もあり。
お酒もあるので、長時間の滞在も楽しめるでしょう。
シャワールームもあるので、暑い季節やゆっくりくつろぎたい時など、リラックスできます。

ビジネスクラスの特徴4:機内サービス

ビジネスクラスの特徴4:機内サービス

座席収納

テーブルの他に便利な収納スペースもあり、ちょっとした荷物を置いておけます。

パーソナルテレビ

座席にはパーソナルテレビが付いていて、フライト中は映画を見たり音楽を聴いて過ごせます。

機内エンターテイメント

中国語のほか、英語、日本語、フランス語から選べます。映画や音楽の他にお子様が楽しめるメニューもあり。

ビジネスクラスの特徴5:アライアンス

チャイナ エアラインは、スカイチームに所属しています。デルタ航空、大韓航空、エールフランス、ベトナム航空などと同じアライアンスです。
チャイナ エアラインとJALはアライアンスは異なりますが、提携航空会社になっているので、日本⇔台湾でコードシェアが実施されています。

ビジネスクラスの特徴6:料金

チャイナエアラインを利用する場合、エコノミークラスとビジネスクラスではどのくらい料金が違うのでしょうか?

【2020年の10月の場合(2泊3日)】ファーサイト調べ

エコノミークラス
東京-台北 
往復 最安値 34,000円~

ビジネスクラス
東京-台北
往復 最安値 75,000円~

ビジネスクラスの特徴7:その他の優先サービス

チャイナ エアラインビジネスクラスのお客様は、様々な優先サービスをご利用頂けます。

優先チェックイン

テーブルの他に便利な収納スペースもあり、ちょっとした荷物を置いておけます。

受託手荷物

座席にはパーソナルテレビが付いていて、フライト中は映画を見たり音楽を聴いて過ごせます。

優先搭乗

中国語のほか、英語、日本語、フランス語から選べます。映画や音楽の他にお子様が楽しめるメニューもあり。

優先荷物受取

到着空港にて優先して荷物を受け取ることができます。

チャイナ エアラインのビジネスクラスに搭乗するための予算

チャイナ エアラインのビジネスクラスに搭乗するための予算

台湾だけでなく、世界中に就航しているチャイナ エアライン。ここではチャイナ エアラインのビジネスクラスの予算を行き先別にご紹介します。
ファーサイトではおすすめの格安ツアーを多数ご用意していますので、海外旅行を検討するときにはぜひご相談ください。

それでは、ファーサイトでチャイナ エアラインの航空券を購入した場合の料金を見ていきましょう。

ビジネスクラスの予算(アジア):台湾

日本人に人気のある台湾。台北や高雄など、台湾旅行に何度も行っているというリピーターも多いでしょう。短時間で行けるので、週末の弾丸旅行にもおすすめ。グルメ大国でもあり、ショッピングや観光スポットも充実しているので、女子旅の行き先としても非常に人気です。

エコノミークラスの場合 往復 34,000円~
ビジネスクラスの場合 往復 75,000円~
※2020年10月頃

ビジネスクラスの予算(東南アジア):マレーシア

首都クアラルンプールをはじめとする人気観光地マレーシア。リゾートから自然を満喫できるジャングルまで、エリアによって異なる魅力が溢れる国です。アジアンリゾートであるペナン島、豊かな自然が魅力のボルネオ島など、何度でも訪れたい気分になるでしょう。

エコノミークラスの場合 往復 39,000円~
ビジネスクラスの場合 往復 100,000円~

ビジネスクラスの予算(ヨーロッパ):イタリア

ヨーロッパの中でも特に人気があるイタリア。ローマ、ベネチア、フィレンツェ、ミラノ、ナポリなど観光名所が盛りだくさん。建築物に美術、ファッションにグルメなど個性的な芸術と歴史が溢れる国です。

エコノミークラスの場合 往復 110,000円~
ビジネスクラスの場合 往復 450,000円~

ビジネスクラスの予算(オセアニア):ニュージーランド

大自然を誇るニュージーランド。地球の美しさを求めて世界中から観光客が訪れるほど。圧倒的に美しい星空で有名なテカポ湖、たくさんの国立公園、近代的な都市オークランドなど、豊かな自然を楽しむも良し、のんびり過ごすも良し。自然の神秘を堪能できる人気の国です。

エコノミークラスの場合 往復 105,000円~
ビジネスクラスの場合 往復 290,000円~

チャイナ エアラインのビジネスクラスまとめ

台湾のフラッグキャリア、チャイナ エアラインのビジネスクラスについてご紹介しました。 日本と馴染みの深い台湾だけでなく、世界中に就航している航空会社であり、ビジネスクラスでは機内食やラウンジも楽しめるチャイナ エアライン。 次の旅行では、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

チャイナ エアライン利用のツアー一覧はこちら