チャイナ エアラインのビジネスクラスで行くアジア

チャイナ エアライン
ビジネスクラスで行くアジア

チャイナ エアラインは台湾の桃園空港を拠点とする航空会社。台北経由で他の第三国へのフライトに利用されることも多く、気軽に旅行しやすいアジアから、長距離路線まで幅広く就航しています。台湾の国花である梅の花をロゴとしているのも印象的です。
今回は、チャイナ エアラインで行くアジア旅行について、どういった都市に行けるのか、ビジネスクラスの料金はどのくらいなのか、に焦点をあてていきます。

アジア人気都市のフライトが充実

チャイナ エアラインでは、朝早いフライトから夜遅くのフライトまで、台湾への便利な瓶が多く就航しています。
台湾以外にも、アジア各都市への乗継便などが豊富で利用しやすいと評判です。

フライト可能なアジアの人気都市

チャイナ エアラインで行けるアジアの都市は以下の通りです。
日本人に人気のある旅行先である台湾の他に、韓国や中国のたくさんの都市に行くことができます。

≪チャイナ エアラインのアジア就航都市≫

台湾

台北(桃園空港/松山空港)、台中、台南、台東、高雄、花蓮、金門、澎湖

韓国

金浦、釜山、仁川

中国

香港、上海、三亜、北京、広州、西安、成都、長沙、青島、重慶、武漢、南京、南昌、海口、深圳、徐州、温州、無錫、寧波、廈門、鄭州、瀋陽

アジア人気都市のフライトが充実


ビジネスクラスの航空券通常料金

チャイナ エアラインのビジネスクラスを利用してアジア各都市に行く場合の運賃を見てみましょう。

≪日本⇔台湾≫
JTBで航空券を購入した場合
東京発   88,130円~

大阪発   107,570円~
名古屋発  104,940円~
福岡発   115,450円~

HISで航空券を購入した場合
東京発   113,180円~
大阪発   107,570円~
名古屋発  82,440円~
福岡発   115,450円~

トラベルコで航空券を購入した場合
東京発   88,020円~
大阪発   111,970円~
名古屋発  82,440円~
福岡発   115,450円~

※2021年3月1日~3月3日の場合



ファーサイト利用時のビジネスクラスの航空券

それでは、チャイナ エアラインのビジネスクラス航空券をファーサイトで購入した場合の料金を見てみましょう。
行き先が同じでも、ファーサイトを利用して購入する方がお得であることが分かります。

アジア人気都市のフライトが充実

ファーサイトで航空券を購入した場合

≪日本⇔台湾≫
東京発   81,000円~

大阪発   100,000円~
名古屋発  75,000円~
福岡発   110,000円~

※2021年3月1日~3月3日の場合



あわせて読んでほしい記事はこちら

チャイナ エアラインのビジネスクラスで行くアジアまとめ

アジアトップクラス航空会社の一つであるチャイナ エアライン。台湾をはじめとするアジア各地に旅行を計画する際には、チャイナ エアラインのビジネスクラスを利用してみてはいかがでしょうか。

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

チャイナ エアライン利用のツアー一覧はこちら