チャイナ エアラインの料金比較 格安航空会社LCC(スクート)

チャイナ エアライン料金比較
格安航空会社LCC(スクート)

海外旅行で必要な航空券の購入。費用を重視したい人に人気なのがLCC=ローコストキャリア、いわゆる格安航空会社と呼ばれるものです。安さが一番のメリットですが、機内食や荷物制限において追加料金がかかったり、快適性や安全性からいうとやっぱりフルサービスキャリアの方が良い!という人もいます。
ここでは、フルサービスキャリアであるチャイナ エアラインと、格安LCCの違いやおすすめポイントなどを解説します。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

LCCとの比較

チャイナ エアライン航空とLCCであるスクートを比べてみます。

チャイナ エアラインとLCCの比較:スクート

チャイナ エアラインは台湾を代表する航空会社。シンプルかつ華やかな印象の梅のロゴでおなじみです。
スクートはシンガポールの格安航空会社LCCです。白と黄色のポップな機体で知られています。
では、チャイナ エアラインとスクートを比べてみましょう。

1 フルサービスかLCCか

航空会社には2種類あり、1つはフルサービスキャリア(FSC)、もう1つがローコストキャリア(LCC)です。
LCCは若い人を中心に人気の格安航空会社で、航空券の料金が安いのが特徴です。ただし、荷物の重さなどの制限が厳しかったり、機内食やアメニティなども有料です。座席指定なども追加料金がかかることが多いのも特徴です。また、一度にたくさんのお客様を運ぶことで費用を安く抑えているという仕組みなので、その分、座席は狭くやや圧迫感があると感じる人も多いようです。
一方、フルサービスキャリアは日本人におなじみなのはJALやANAでしょう。台湾旅行で有名なチャイナ エアラインもフルサービスキャリア。機内食などに追加料金はかからず、航空券料金の中に含まれています。エコノミークラスやプレミアムエコノミークラスの座席もゆったりとしていて、ビジネスクラスはさらに快適。機内で過ごす時間も旅の思い出のひとつと考える人は、短いフライトでもフルサービスキャリアを選ぶようです。

航空会社の種類の比較
チャイナ エアラインフルサービスキャリア(FSC)
スクートローコストキャリア(LCC)

2 運航便数(台湾行き)の比較

日本人に人気の旅先、台湾。一番人気の台北行きの便数をチャイナ エアラインとスクートで比較してみます。
チャイナ エアラインは成田からも羽田からも台北に行けます。お住まいの場所によって選ぶこともできるので便利です。
一方スクートは成田から1日2便のみ。羽田からの運航はありません。

台湾行きの運航便数
 成田→台北(桃園)羽田→台北(桃園)
チャイナ エアライン毎日4便毎日2便
スクート毎日2便運航なし

3 機材の比較

チャイナ エアラインもスクートもボーイングとエアバスを保有しています。

機材
チャイナ エアラインB777-300ER 747-400 737-800 A350-900 A330-300
スクートB787 A320

4 サービスの比較

チャイナ エアラインはフルサービスキャリアなので、機内食や座席指定などをする際に料金はかかりません。席も充分なスペースなので短時間でも長時間でも快適に過ごせるようです。
スクートはLCCなので、機内食や座席指定などは有料です。荷物も制限が厳しく、超過すると1kgごとにお金がかかりますので、特に持ち物が増える帰国時には気を付けましょう。
サービスや対応といった点で考えるなら、チャイナ エアラインの方が安心できるでしょう。

5 料金の比較

チャイナ エアラインとスクートの航空券料金を比べると、チャイナ エアラインの方が少し高くなっています。LCCよりフルサービスキャリアの方が高いのは当然のこと。
ですがよく見てみると、チャイナ エアラインはフルサービスなのにLCCとそこまで価格に差がないのも事実です。便利で快適、意外とリーズナブルなのがチャイナ エアラインです。
追加料金を気にしなければいけない、席も広くはないLCCにするか、フルサービスでしっかりしているチャイナ エアラインにするか、あなたならどちらを選びますか?

[条件]
出発日:2020/3/1~2020/3/3   東京⇔台湾の往復

【エコノミークラス】
 トラベルコファーサイト
チャイナ エアライン40,130円~36,000円~
スクート33,970円~---

チャイナ エアラインとLCCの比較:スクート


チャイナ エアラインとLCCの比較まとめ

いかがでしたか?LCCは近年では一般的になってきましたが、費用を抑えたい一心で選ぶと、思わぬところで追加料金が発生したり、席が狭くてゆっくりしづらかったりと、安い分デメリットもあるようです。
フルサービスキャリアなら、何の心配もいらず旅を楽しめるでしょう。特にチャイナ エアラインなら、LCCとそこまで金額は変わりません。
いろんなLCCに乗ってみて、やっぱりフルサービスキャリアに戻る、という声も多いです。乗り比べてみると、より違いが分かるのかもしれません。
ファーサイトでお得にチャイナ エアラインのフライトを体験してみませんか?

チャイナ エアラインとLCCの比較まとめ

チャイナ エアラインの申し込みはファーサイトがおすすめ

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

チャイナ エアライン利用のツアー一覧はこちら