チャイナ エアラインの料金比較 日系航空会社(JAL・ANA)

チャイナ エアライン料金比較
日系航空会社(JAL・ANA)

日本で知名度の高いJALやANA。日本航空の略称がJAL、全日空の略称がANAです。
航空券は少し高そうなイメージがありますが、その分サービス面などは文句なし。
それもそのはず、JALやANAはフルサービスと呼ばれる航空会社だからです。
近年、LCCと呼ばれる格安航空会社の人気が高まっていますが、それでもやはりフルサービスキャリアの評判と信頼は衰えません。
フルサービス航空会社は、日本だとJALやANAが代表的ですが、台湾の航空会社「チャイナ エアライン(中華航空)」も同じくフルサービスです。

ここで気になってくるのが、フルサービスキャリアの航空会社でも違いはあるのか?という点でしょう。
今回はJAL、ANA、チャイナ エアラインのフルサービス3社をさまざまな項目で比べてみます。便数、機材、サービス面、料金などどう違うのかを解説します。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

日系航空会社との比較

チャイナ エアライン、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の3社を比べてみましょう。

日系航空会社との比較1:JAL

まずはチャイナ エアラインとJAL(日本航空)を比べてみます。

1 フルサービスかLCCか

航空会社の種類は大きく分けると2つ。フルサービスキャリア(FSC)かローコストキャリア(LCC)です。
飛行機の安全を重視していて、機内食や座席指定などのサービスも航空料金の中に含まれているのがフルサービスキャリアです。席の座り心地や広さなども大事にしています。
JAL、ANA、チャイナ エアラインともにフルサービスキャリアです。

航空会社の種類の比較
チャイナ エアラインフルサービスキャリア(FSC)
JALフルサービスキャリア(FSC)

2 運航便数(台湾行き)の比較

例として日本から台湾までの便数をチャイナ エアラインとJALで比べてみます。

台湾行きの運航便数
 成田→台北(桃園)羽田→台北(松山)
チャイナ エアライン毎日4便毎日2便
JAL毎日2便毎日2便

3 機材の比較

JALはボーイングが主力機ですが、チャイナ エアラインはボーイングとエアバスの両方を運航しています。

機材
チャイナ エアラインB777-300ER 747-400 737-800 A350-900 A330-300
JALB767-300ER B787-8 B737-800

4 サービスの比較

チャイナ エアラインもJALもどちらもフルサービスキャリアなので、サービス面での大きな差は無いと言えます。

5 料金の比較

チャイナ エアラインとJALで、航空券の値段はどのくらい違うのか見てみましょう。
下の表を見ると分かるように、JALよりチャイナ エアラインの方がリーズナブルです。
ビジネスクラスにいたっては、JALはチャイナ エアラインの約2倍の金額です。
チャイナ エアラインはフルサービスキャリアなのにJALよりも費用が抑えられる上に、台湾への便数も多く、台北乗り継ぎで世界各国へのフライトも充実しています。
さらにファーサイトで航空券を購入すれば、よりお得になります。

[条件]
出発日:2020/3/1~2020/3/3   東京⇔台湾の往復

【エコノミークラス】
 トラベルコJTBファーサイト
チャイナ エアライン40,130円~43,130円~36,000円~
JAL49,070円~49,070円~-

【ビジネスクラス】
 トラベルコJTBファーサイト
チャイナ エアライン88,130円~88,130円~81,000円~
JAL153,070円~153,070円~-

日系航空会社との比較1:JAL


日系航空会社との比較2:ANA

続いて、チャイナ エアラインとANA(全日空)を比べてみます。

1 フルサービスかLCCか

ANAもJALと同様にフルサービスキャリア。知らない人はいないくらい有名な日系航空会社です。そして台湾のチャイナ エアラインも同じくフルサービスキャリア。JALやANAと同じ高いレベルの航空会社なのです。

航空会社の種類の比較
チャイナ エアラインフルサービスキャリア(FSC)
ANAフルサービスキャリア(FSC)

2 運航便数(台湾行き)の比較

例として日本から台湾までの便数をチャイナ エアラインとANAで比べてみます。

台湾行きの運航便数
 成田→台北(桃園)羽田→台北(松山)
チャイナ エアライン毎日4便毎日2便
ANA毎日1便毎日2便

3 機材の比較

チャイナ エアラインもANAも、エアバスとボーイングを保持しています。良い機材ばかりなのでファンも多いようです。

機材
チャイナ エアラインB777-300ER 747-400 737-800 A350-900 A330-300
ANAB787-10 B787-9 B787-8 B777-300ER B767-300ER B737-700 A380-800 A320neo

4 サービスの比較

チャイナ エアラインもANAも共にフルサービスキャリア。
機内食やドリンク、アメニティなどを注文してもLCCのように追加料金は取られません。
航空券はそういったものが全て含まれた値段になっています。

5 料金の比較

それでは航空券の料金を比べてみます。チャイナ エアラインとANAでどのくらい違うのかというと、エコノミークラスはチャイナ エアラインの方が1万円前後安いようです。
ビジネスクラスでいうと、チャイナ エアラインはANAの約半分の料金です。
同じフルサービスキャリアでもこんなに費用が違ってくるなら、チャイナ エアラインをおすすめします。
さらにファーサイトではもっとお得に航空券を購入できます。

[条件]
出発日:2020/3/1~2020/3/3   東京⇔台湾の往復

【エコノミークラス】
 トラベルコJTBファーサイト
チャイナ エアライン40,130円~43,130円~36,000円~
ANA47,670円~53,620円~-

【ビジネスクラス】
 トラベルコJTBファーサイト
チャイナ エアライン88,130円~88,130円~81,000円~
ANA152,670円~157,620円~-

日系航空会社との比較2:ANA

日系航空会社との比較まとめ

チャイナ エアライン、JAL、ANAの3社を比べてみた結果はいかがでしたか?
3社ともフルサービスキャリアなので、安全面やサービス対応などしっかりしているので快適さは抜群でしょう。
ただし料金になるとやはりJAL・ANAはやや高いと感じる人も多いようです。
そいういう人におすすめなのがチャイナ エアライン。
リーズナブルなお値段でフルサービスキャリアの快適さを体験できる航空会社です。
次の海外旅行は、チャイナ エアラインを利用してみませんか?

日系航空会社との比較まとめ

チャイナ エアラインの申し込みはファーサイトがおすすめ

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

チャイナ エアライン利用のツアー一覧はこちら