チャイナ エアラインの料金比較 みんなの満足度

チャイナ エアライン料金比較
みんなの満足度

旅行にかかる費用は、航空券、ホテル宿泊費のほかに食費や買い物などまとまったお金が必要になります。現地で楽しく過ごすためにも、どの航空会社で行くかは非常に重要です。
移動にかかる費用はできるだけ安く済ませたい人が多いでしょう。

飛行機で移動するには航空券の購入が必須です。航空会社の種類は、フルサービスキャリアとLCCがあり、それぞれ特徴が異なります。
チャイナ エアラインはフルサービスキャリア。料金の中にさまざまなサービスが含まれており、対応が手厚く、快適性や安全性も重視されています。
LCCと呼ばれる格安航空会社は、料金がとてもリーズナブル。ただし、座席指定や機内食、荷物などのサービスを受ける場合には加算されていくのが特徴です。
どちらを選ぶかは人それぞれ。旅の目的や全体予算に応じて選んでみるのも良いでしょう。

今回は、フルサービスであるチャイナ エアラインと、格安航空会社LCCの違いを比較してみます。実際に搭乗したことがある人たちの体験談を中心に見ていきましょう。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

フルサービスキャリアとLCCの料金比較

フルサービスキャリアとLCC、違いは色々ありますが、一番気になるのは料金ではないでしょうか。どのくらい違うのか、チャイナ エアラインとLCCで比べてみます。

価格だけで見るならば、LCCの方が安いでしょう。
しかし、安いのには理由があります。格安LCCでは、座席の快適性やサービスの対応面ではあまり期待はできないのが普通です。機内食やアメニティなども別料金になります。ビジネスクラスなどのハイクラスも無く、全てエコノミークラスです。
学生や一人旅、質にはこだわらないからとにかく安いのが良い!という人には魅力的だと思います。

家族旅行や長旅、飛行機ではゆっくりくつろぎたい!加算されるのはイヤ!という人にはやはりフルサービスキャリアの方がおすすめです。機内食なども航空券の料金に含まれているので、追加で支払う必要がありません。

チャイナ エアライン、JAL、ANAなどはフルサービスキャリアです。きめ細かいサービス、快適性や安全面も文句なし。ただし、JALやANAは少しお値段が張ります。

そこでおすすめなのがチャイナ エアラインです。
チャイナ エアラインは、JALやANAと同じフルサービスキャリアであるのに、料金は比較的リーズナブル。JAL・ANAと同じレベルで料金が抑えられるのは、とても魅力的です。

以下にフルサービスとLCCの料金比較をしてみます。
安全面やサービス面を考えると、フルサービスの方がおすすめです。
ですが、JAL・ANAは少し高いので、チャイナ エアラインが特におすすめ。さらにファーサイトで購入するとよりお得です。 快適に安全に、そして費用はリーズナブルに。それが叶うのがチャイナ エアラインです。
航空会社選びに迷ったら、ぜひ参考にしてください。

[条件]
出発日:2022/3/1~5/31     東京⇔台湾の往復

【フルサービスとLCCの料金比較】 ※エコノミークラス
 (エコノミークラス)スカイキャナートラベルコファーサイト
フルサービスキャリアJAL155,297円~155,297円~---
ANA193,112円~202,439円~---
チャイナ エアライン53,640円~54,890円~38,000円~
LCCスクート27,324円~25,539円~---

フルサービスキャリアとLCCの料金比較


チャイナ エアラインの満足度

チャイナ エアラインを利用したことがある人たちの体験談を見てみましょう。
チャイナ エアラインとLCCの両方に搭乗したことがある人たちは、やはりフルサービスキャリアであるチャイナ エアラインの方が満足度が高いようです。

チャイナ エアライン 口コミ体験談

  • ・CAのサービスが気がきいて驚きました。機内に乗った際に、すぐに来て下さりスリッパを履かせていただきました。トイレに行く際も、近くにいたCAさんが扉を開けて下さいました。
    チャイナエアをとても気に入ったので、又、使わせて頂きます。
  • ・いつもチャイナエアラインのビジネスクラスを利用しています。理由は、フルサービスのエアラインでは最安値レベルかと思います。サービスレベルも日本人が期待するレベルになっていると思います。
  • ・福岡から台北経由で東南アジア方面への乗継は大変便利です。サービスや機材コンディションも問題ありません。LCCに疲れた時に乗るとホッとできます。
  • ・機内食もおいしかったです。むしろ、JALのエコノミーよりもチャイナエアラインのエコノミーのほうがおいしいかも。
  • ・想像以上に良い居心地。新千歳からはLCC含めいくつかの選択肢がありますが、LCC並みの金額だったため選びました。約4時間のフライトながら、機内食やアルコールをはじめとしたドリンクサービス、および機内エンターテインメントの充実っぷりもFSCらしく、大変満足のいく内容でした。次回の台湾旅行の際も、また利用したいと思います。
  • ・これまで、JALやタイ航空を使ってきましたが、ビジネスをまともに買うと高いので、時間的にも料金的にもコスパ良さそうなチャイナエアラインにしてみました。CAのサービスレベルは日系に比べても遜色はありませんでした。
    この料金でビジネスクラスを満喫できて、直行便とほぼ変わらない時間でバンコクまで行けるのであれば次回も必ずリピートします。
  • ・LCCとは比べ物にならない程快適。流石のフルサービスで快適に過ごす事が出来ました。
    普段LCCを利用している身としては、雲泥の差で「快適」に過ごす事が出来ました。
  • ・近距離路線ながらフルサービスに満足。関空から高雄まで国際線としては短距離でしたが、流石のフルサービスに満足出来ました。
    普段、LCCばかり利用している者にとっては、シートピッチに余裕がある上、機内食もサービスされ快適でした。機内預け荷物も30㎏まで無料で、これでLCC運賃と大差無いのが不思議な位でした。

チャイナ エアラインの満足度

チャイナ エアラインと他の航空会社の比較まとめ

旅の目的地が決まっても、航空会社がたくさんあってどれに乗ろうか迷う人は多いはず。
航空会社は大きく分けるとフルサービスキャリアとLCCの2つ。快適で安全、追加料金を気にすることなく利用できるのはフルサービスキャリアです。機内食も楽しみのひとつでしょう。
チャイナ エアラインはフルサービスキャリアであり、料金はリーズナブル。世界29カ国181都市に就航していて非常に便利です。 是非一度チャイナ エアラインを体験してみませんか?

チャイナ エアラインの申し込みはファーサイトがおすすめ

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

チャイナ エアライン利用のツアー一覧はこちら