シンガポール航空の評判のご紹介

シンガポール航空料金比較
日系航空会社(JAL・ANA)

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

日本からシンガポールに行ける航空会社はたくさんあり、JAL(日本航空)やANA(全日空)もそのうちの一つで知名度はNo.1と言えるでしょう。
ここではシンガポール行きに焦点をあてて、一体どの航空会社を選ぶのが便利なのか比較してみます。

日系航空会社との比較

それではシンガポール行きに焦点をあてて、シンガポール航空、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の3社を比べてみましょう。

日系航空会社との比較1:JAL

まずはシンガポール航空とJAL(日本航空)を比べてみます。

日系航空会社との比較

1 フルサービスかLCCか

航空会社を選ぶ際によく目にする「FSC」と「LCC」という言葉。
既存の航空会社は「フルサービスキャリア=FSC」と呼ばれるのに対して、格安航空会社は「ローコストキャリア=LCC」と呼ばれます。

フルサービスキャリアは、飛行機の搭乗に対して快適性や安定性を重視しているのが特徴です。
JALは言わずと知れたフルサービス。そしてシンガポール航空も同じくフルサービス。
ということはシンガポール航空もJALと同様に、預け入れ手荷物が無料、マイレージサービスあり、機内でのサービスも充実しているという事になります。

航空会社の種類の比較
シンガポール航空フルサービスキャリア(FSC)
JALフルサービスキャリア(FSC)

2 運航便数(シンガポール行き)の比較

それでは日本からシンガポール行きの運航便数を比べてみましょう。
シンガポールは東京(成田・羽田)から毎日6便も出ています。成田からは毎日2便、羽田からは毎日4便と大変便利で利用しやすいでしょう。
JALは東京からは毎日3便で、成田からは1便だけなので旅行スケジュールは慎重に決めましょう。

シンガポール行きの運航便数の比較
 成田羽田
シンガポール航空毎日2便毎日4便
JAL毎日1便毎日2便

3 機材の比較

シンガポール航空とJALでは機材はどう違うのでしょうか?
JALの主力機はボーイングです。
シンガポール航空はボーイングの他にエアバスも運航中で、新しいA380ではファーストクラスを超えるスイートクラスという特別空間も存在することで話題になりました。まるで高級ホテルの一室のようなその豪華な空間は、長いフライトも楽しめるでしょう。

機材の比較
シンガポール航空B777-200 B777-200ER B777-300 B777-300ER B787-10 A330-300 A380-800 A350-900
JALB767-300ER B787-8 B737-800

4 サービスの比較

LCCの場合、運賃は格安ですが、機内食や座席指定などは有料です。
フルサービスの場合は、機内食も受託手荷物も座席指定も全て運賃に含まれているので、あれもこれもと追加でお金がかかることはありません。(荷物超過料金は除く)
サービス面で言うと、シンガポール航空もJALも大差は無いようです。

5 料金の比較

上記のようにシンガポールまでの便数は、JALよりもシンガポール航空の方が圧倒的に多いのが分かりました。機材・サービス面ではその2社に大差はありません。

では料金はどのくらい違うのでしょうか?
以下の表をご覧ください。サービス面ではJALもシンガポール航空も同等なのに、料金はシンガポール航空の方が安いのがお分かり頂けるでしょう。

[条件]
出発日:4/15~4/18   東京⇔シンガポールの往復

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 エアトリHISJTBトラベルコ平均金額
シンガポール航空58,700円~45,850円~46,850円~45,866円~41,555円~
JAL63,000円~56,400円~56,400円~56,292円~58,023円~
【ビジネスクラスの航空券料金比較】
 エアトリHISJTBトラベルコ平均金額
シンガポール航空217,000円~162,900円~ 162,900円~176,425円~91,935円~
JAL309,500円~212,400円~ 212,400円~ 212,390円~236,672円~

日系航空会社との比較2:ANA

続いて、ANAとシンガポール航空を比べてみます。

日系航空会社との比較

1 フルサービスかLCCか

ANAもJALと同様に、日本での知名度はかなり高く、もちろんフルサービスです。
シンガポール航空も上記で述べてきたようにフルサービスです。

航空会社の種類の比較
シンガポール航空フルサービスキャリア(FSC)
ANAフルサービスキャリア(FSC)

2 運航便数(シンガポール行き)の比較

シンガポール航空は東京から毎日6便出ているのに対し、ANAは毎日4便。やや少ない印象です。
旅行の予定を立てやすいのは、シンガポール航空かもしれません。

シンガポール行きの運航便数の比較
 成田羽田
シンガポール航空毎日2便毎日4便
ANA毎日2便毎日2便

3 機材の比較

機材についてもシンガポール航空とANAの違いを見てみましょう。
どちらもボーイング、エアバスの両方を運航していて、機材の差はあまり無いようです。

機材の比較
シンガポール航空B787-10 B787-9 B777-300ER A330-300 A330-200 A321-200
ANAB787-10 B787-9 B787-8 B777-300ER B767-300ER B737-700 A380-800 A320neo

4 サービスの比較

ANAもシンガポール航空もフルサービスキャリアなので、LCCとは異なり機内食などが別料金になることはありません。全て運賃の中に含まれています。
サービス面では、シンガポール航空もANAも大差は無いようです。

5 料金の比較

では2社で航空券の料金はどのくらい違うのでしょうか?
エコノミークラス、ビジネスクラスともにANAよりもシンガポール航空の方が安いようです。
実際にシンガポール行きで比べてみましょう。

[条件]
出発日:4/15~4/18   東京⇔シンガポールの往復

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 エアトリHISJTBトラベルコ平均金額
シンガポール航空58,700円~45,850円~46,850円~45,866円~41,555円~
ANA59,000円~66,000円~66,000円~64,500円~63,875円~
【ビジネスクラスの航空券料金比較】
 エアトリHISJTBトラベルコ平均金額
シンガポール航空217,000円~162,900円~ 162,900円~176,425円~91,935円~
ANA284,200円~346,220円~356,000円~356,000円~335,605円~

日系航空会社との比較まとめ

いかがでしたか?
知名度の高いJAL・ANAとシンガポール航空の比較はいかがでしたか?
シンガポール航空はJALやANAと同等のサービスを受けられるのに料金は比較的安いということが分かりました。
これもシンガポール航空の人気の理由のひとつではないでしょうか。
日系と変わらないレベルのサービス、安全性もばっちりで、便数も多い。
シンガポールに旅行する際には、シンガポール航空を検討してみてはいかがでしょうか?
きっと満足のいく旅になるでしょう。

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

シンガポール航空利用のツアー一覧はこちら