シンガポール航空の料金比較

シンガポール航空料金比較
LCC(スクート・ジェットスター)

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

海外旅行に行くための航空券。どの航空会社にするかを料金で選ぶ人も多いでしょう。
最近はLCC(ローコストキャリア)と呼ばれる格安の航空会社も人気があります。
海外旅行は高いというイメージが払拭されるほど低料金なので、昔よりも気軽に出掛けられるようになりました。
LCCの大きな魅力は運賃の安さですが、安全性は?別料金は掛からない?など疑問を解決します。
ここでは、スクートやジェットスターといった格安LCCとシンガポール航空を比較して特徴の違いを見てみましょう。

LCCとの比較

最近よく耳にする「LCC」という言葉。LCCとは、ローコストキャリアの略です。つまり大手航空会社と比べて、運賃が大幅に安い格安航空会社の総称になります。
料金が安いのはとても魅力的ではありますが、デメリットもあるので注意しましょう。

LCCとの比較

LCCとの比較1:スクート

まずはシンガポール航空とLCCであるスクートを比べてみます。

1 フルサービスかLCCか

航空会社を選ぶ際によく目にする「FSC」と「LCC」という言葉。
既存の航空会社は「フルサービスキャリア=FSC」と呼ばれるのに対して、格安航空会社は「ローコストキャリア=LCC」と呼ばれます。
シンガポール航空はJALやANAと同じくフルサービスキャリア。預け入れ手荷物が無料、マイレージサービスあり、機内でのサービスも充実していて、こういったサービスが運賃に含まれているので機内食やドリンクなども無料です。快適性と安全性を重視しているのが人気の理由のひとつでしょう。

一方、スクートはLCCです。運賃が安いというのが最大の魅力でしょう。
ただし、LCCでは荷物の預け入れや機内食、座席指定などは有料で別料金となります。
また、席の快適性などもフルサービスキャリアとは異なります。

航空会社の種類の比較
シンガポール航空フルサービスキャリア(FSC)
スクートローコストキャリア(LCC)

2 運航便数(シンガポール行き)の比較

それでは日本からシンガポール行きの運航便数を比べてみましょう。
シンガポール航空は東京からは毎日6便。成田から2便、羽田からは4便もあり、非常に便利です。
スクートは成田から2便。首都圏から直行便が出ているLCCは、現在ではスクートしかありません。

シンガポール行きの運航便数の比較
 成田羽田
シンガポール航空毎日2便毎日4便
スクート毎日2便無し

3 機材の比較

シンガポール航空とスクートでは機材はどう違うのでしょうか? シンガポール航空はボーイングの他にエアバスも運航中で、新しいA380ではファーストクラスを超えるスイートクラスという特別空間も存在することで話題になりました。まるで高級ホテルの一室のようなその豪華な空間は、長いフライトも楽しめるでしょう。

一方スクートはLCCなので座席の快適さは、シンガポール航空などのフルサービスキャリアと比べると快適さは低いと感じてしまうかもしれません。運賃が安い分、そういう部分はこだわらない!という人向けです。

機材の比較
シンガポール航空B777-200 B777-200ER B777-300 B777-300ER B787-10 A330-300 A380-800 A350-900
スクートB787-8 B787-9 A320-232

4 サービスの比較

フルサービスであるシンガポール航空と、LCCであるスクートには大きな差があります。
シンガポール航空は、、機内食や飲み物、アメニティ、手荷物料金や座席指定などは運賃にサービス料が含まれているため無料です。また、機内では一人一人の席にモニターがあり映画やゲームなどのエンターテインメントを楽しめます。シンガポール航空は、長いフライトでも映画やゲームが非常に多いので人気があります。

しかしLCCであるスクートは、それらが運賃に含まれていません。機内食など無いわけではありませんが、有料になります。モニターも無いのでフライト中に映画などを見ることはできません。
「機内食はいつ出るの?飲み物はいつ来るの?」と待っていても、自分でお金を出して購入しなければ用意してもらえません。
LCCの特徴は運賃の安さなので、コストを抑えるために当然といえば当然です。
予約変更も有料、予約取り消しでの払い戻しが不可、セール運賃もキャンセル不可・返金不可などリスクも伴うのがLCCです。
航空券をせっかく安く取れても、急な用事やスケジュール変更、体調不良になってしまう可能性を考えると、フルサービスキャリアを選んでおく方がリスクは減らせるでしょう。

LCCは運賃が安い分、色々なデメリットがありますが、それでも格安ということに魅力を感じる人は多いので、自分の旅のスタイルに合う方を選ぶと良いでしょう。

5 料金の比較

上記の通り、シンガポール航空とスクートではサービス面や対応についてかなりの違いがあることがお分かりいただけたと思います。
では、気になる料金も比較してみましょう。

[条件]
出発日:4/15~4/18   東京⇔シンガポールの往復

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 エアトリHISJTBトラベルコ平均金額
シンガポール航空58,700円~45,850円~46,850円~45,866円~41,555円~
スクート34,780円~52,830円~51,930円~42,704円~45,561円~

LCCとの比較2:ジェットスター

次に、シンガポール航空とジェットスターを比べてみましょう。

1 フルサービスかLCCか

上記でも説明した通り、シンガポール航空はフルサービスキャリア。
機内食やドリンクなどは運賃の中に含まれているため、別料金になることはありません。
他には、預け入れ手荷物が無料であったり、マイレージサービスもあったりと、サービスが充実しています。


一方、ジェットスターは格安LCCなので、料金が安いのが魅力です。
ですが、LCCではデメリットもあります。荷物の預け入れや機内食、座席指定などは有料のため追加料金が掛かります。座席の快適性もフルサービスキャリアには劣ってしまうでしょう。

航空会社の種類の比較
シンガポール航空フルサービスキャリア(FSC)
ジェットスターローコストキャリア(LCC)

2 運航便数(シンガポール行き)の比較

日本からシンガポールに行く場合の運航便数をシンガポール航空とジェットスターで比較してみます。
シンガポール航空は、東京から毎日6便出ています。成田から2便、羽田からは4便。
選択肢の幅が広がり便利でしょう。
ジェットスターは、成田から2便。ただし乗り継ぎでシンガポールに向かうことになります。

シンガポール行きの運航便数の比較
 成田羽田
シンガポール航空毎日2便毎日4便
ジェットスター毎日2便無し

3 機材の比較

フルサービスキャリアであるシンガポール航空。LCCであるジェットスター。
機材に違いはあるのでしょうか?

ジェットスターはLCCなので、運賃が安い分、座席の快適さは低いでしょう。シートピッチもフルサービスキャリアと比べると狭いので、価格重視で安さを一番に考えたい人におすすめです。

機材の比較
シンガポール航空B777-200 B777-200ER B777-300 B777-300ER B787-10 A330-300 A380-800 A350-900
ジェットスターB787-8 A320 A321

4 サービスの比較

シンガポール航空とジェットスターを比べると、とても大きな差があります。

シンガポール航空はフルサービスキャリアなので、機内食やドリンク、アメニティ、手荷物料金や座席指定などは運賃の中にサービス料として含まれています。
そのため機内食などを食べても無料です。座席には個人モニターがあるので、フライト中は自分の好きな映画やゲームを楽しむこともできます。

一方格安LCCであるジェットスターは、それらが運賃の中に含まれていません。
希望すれば機内食やアメニティなどを頂くことはできますが、有料つまり別料金がかかってきます。
フライトの予約変更も有料であったり、キャンセルした場合の払い戻しが不可、セール運賃で購入したチケットもキャンセル不可・返金不可など、さまざまなリスクを伴うのがLCCです。
ただしその分、比較的安く購入できるというのが最大のメリット。

5 料金の比較

シンガポール航空とジェットスターでは、快適性に大きな差があることが分かりました。
では、気になる料金も比較してみます。

[条件]
出発日:4/17~4/19   東京⇔シンガポールの往復

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 トラベルコ
シンガポール航空46,730円~
ジェットスター42,281円~

時期にもよりますが、あまり大きな差は無いようです。
フルサービスキャリアはLCCと比べると少し高くなりますが、これくらいの差であればフルサービスを選ぶ、という人が多いのも納得です。
それだけフルサービスキャリアの快適さやサービスの良さが評価されている証拠でしょう。


LCCとの比較まとめ

いかがでしたか?
シンガポール航空とLCCではサービスや対応面で大きな差があることが分かりました。
快適さや安心安全を重視するならフルサービスのシンガポール航空を。
多少のデメリットやリスクがあっても価格重視ならLCCを選ぶのが良いでしょう。
両方を試してみるのも面白いかもしれません。

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

シンガポール航空利用のツアー一覧はこちら