1. ファーサイトTOP >
  2. マレーシア航空基本情報 >
  3. マレーシア航空のビジネスクラス >
  4. マレーシア航空の料金比較 日系航空会社(JAL・ANA)
  マレーシア航空の料金比較 日系航空会社(JAL・ANA)

マレーシア航空料金比較
日系航空会社(JAL・ANA)

日本では、フルサービスキャリアのJALやANAは誰もが知っている航空会社です。ですが、料金が高いという部分が航空券選びの際の悩みどころになるのではないでしょうか。
同じフルサービスキャリアでも少しでも安く抑えたい!という方も多いでしょう。
安く航空券を買いたい場合、LCCを選択する事もあると思いますが、サービス面が不安になってくるという声もちらほら。
LCCでは不安だけど、フルサービスキャリアは高そう・・・。コストが抑えられるフルサービスキャリアがあれば、海外旅行がもっと楽しくなると思いませんか?
そこでご紹介したいのがマレーシア航空です。マレーシアを代表する航空会社「マレーシア航空」がフルサービスキャリアなことをご存知でしょうか。
ここでは、マレーシア航空と日系の航空会社を比べてみます。同じフルサービスキャリアでも違いがあるのか?安く航空券を買えるの?
マレーシア航空と日系航空会社の違いについて、便数、機材、サービス面、料金など、様々な面で比較してみましょう。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

日系航空会社との比較

それではマレーシア行きの便に焦点をあてて、マレーシア航空、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の3社を比べてみましょう。日系航空会社は圧倒的な知名度で安心のイメージがありますが、マレーシア航空もサービス面や快適さでは日系に負けておらす、魅力がたくさんあり評判も良いのが特徴です。

日系航空会社との比較1:JAL

まずはマレーシア航空とJAL(日本航空)を比べてみます。

1 フルサービスかLCCか

航空会社の種類は大きく分けると2つ。フルサービスキャリア(FSC)かローコストキャリア(LCC)です。
飛行機の安全を重視していて、機内食や座席指定などのサービスも航空料金の中に含まれているのがフルサービスキャリアです。席の座り心地や広さなども大事にしています。
JAL、ANA、マレーシア航空ともにフルサービスキャリアです。

航空会社の種類の比較
マレーシア航空フルサービスキャリア(FSC)
JALフルサービスキャリア(FSC)

2 運航便数(マレーシア行き)の比較

例として日本からマレーシアまでの便数をマレーシア航空とJALで比べてみます。
マレーシア航空は成田空港からは毎日1便(7/30から)、関西からは週3日1便(6/30から)運航となっております。
JALは、成田発にて週3(火・木・土)1便で運航をしています。
マレーシア航空の方がフライトの数が多いため、便利で利用しやすいでしょう。
なお、スケジュールは今後変更になる可能性があるため、事前にチェックして旅行スケジュールは慎重に決めましょう。

マレーシア行きの運航便数
 成田→マレーシア(クアラルンプール)関空→マレーシア(クアラルンプール)
マレーシア航空毎日1便週3日1便
JAL週3日1便(火・木・土)なし

※2021/06/08 調べ 正確な運航状況については航空会社に直接お問い合わせください

3 機材の比較

JALはボーイングが主力機です。それと比較してマレーシア航空は、主にエアバスが主力機になっており一部ボーイングを運航しています。
マレーシア航空は、最新鋭機エアバスA350-900を導入し、エコノミークラスでも足元ゆったりしていて広々としたつくりが快適と好評です。

機材の比較
マレーシア航空A380-800 A350-900 A330-300 A330-200 B737-800
JALB767-300ER B787-8 B737-800

4 サービスの比較

マレーシア航空もJALもどちらもフルサービスキャリアです。機内食なども航空券料金に含まれています。サービス面の対応についても、両方ともフルサービスキャリアなので大きな差は無いといえるでしょう。

5 料金の比較

マレーシア航空とJALで、航空券の値段はどのくらい違うのか見てみましょう。
下の表を見ると分かるように、JALよりマレーシア航空の方が1万円近く安くリーズナブルです。
マレーシア航空はフルサービスキャリアなのにJALよりも費用が抑えられ、さらにファーサイトで航空券を購入すれば、よりお得になります。

[条件]
東京⇔マレーシアの往復 2020/7/1~7/31

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 トラベルコHISファーサイト
マレーシア航空80,184円~80,370円~70,600円~
JAL87,885円~88,870円~-
【ビジネスクラスの航空券料金比較】
 トラベルコHISファーサイト
マレーシア航空264,148円~263,610円~250,800円~
JAL271,820円~286,820円~-


日系航空会社との比較



日系航空会社との比較1:ANA

まずはマレーシア航空とANA(全日空)を比べてみます。

1 フルサービスかLCCか

ANAもJALと同様にフルサービスキャリア。知らない人はいないくらい有名な日系航空会社です。そしてマレーシアのマレーシア航空も同じくフルサービスキャリア。JALやANAと同じ高いレベルの航空会社なのです。

航空会社の種類の比較
マレーシア航空フルサービスキャリア(FSC)
ANAフルサービスキャリア(FSC)

2 運航便数(マレーシア行き)の比較

例として日本からマレーシアまでの便数をマレーシア航空とANAで比べてみます。
マレーシア航空は成田空港からは毎日1便(7/30から)、関西からは週3日1便(6/30から)運航となっております。
ANAは、成田発のみ週3(火・金・日)1便で運航をしています。
やや少ない印象です。旅行の予定を立てやすいのは、マレーシア航空かもしれません。
なお、スケジュールは今後変更になる可能性があるため、事前にチェックして旅行スケジュールは慎重に決めましょう。

マレーシア行きの運航便数
 成田→マレーシア(クアラルンプール)関空→マレーシア(クアラルンプール)
マレーシア航空毎日1便週3日1便
ANA週3日1便(火・金・日)なし

※2021/06/08 調べ 正確な運航状況については航空会社に直接お問い合わせください

3 機材の比較

マレーシア航空もANAも、ボーイング、エアバスの両方を運航しており機材の差はあませんが、マレーシア航空は快適性のあるエアバスを売りにしています。
中でもA380機は、ビジネススイート、ビジネスクラス、エコノミークラス、どのクラスも広々としたくつろぎの空間を提供しており人気です。

機材の比較
マレーシア航空A380-800 A350-900 A330-300 A330-200 B737-800
ANAB787-10 B787-9 B787-8 B777-300ER B767-300ER B737-700 A380-800 A320neo

4 サービスの比較

マレーシア航空もANAも共にフルサービスキャリア。
機内食やドリンク、アメニティなどを注文してもLCCのように追加料金は取られません。
航空券はそういうったものが全て含まれた値段になっています。

5 料金の比較

それでは航空券の料金を比べてみます。マレーシア航空とANAでどのくらい違うのかというと、エコノミークラスもビジネスクラスもマレーシア航空の方が1万円以上安いようです。
同じフルサービスキャリアでも1万円の差は航空券を選ぶ際に重要となると思います。少しでも安く旅行をしたい場合は、マレーシア航空をおすすめします。
さらにファーサイトではもっとお得に航空券を購入できます。

[条件]
東京⇔マレーシアの往復 2020/7/1~7/31

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 トラベルコHISファーサイト
マレーシア航空80,184円~80,370円~70,600円~
JAL99,110円~350,260円~-
【ビジネスクラスの航空券料金比較】
 トラベルコHISファーサイト
マレーシア航空264,148円~263,610円~250,800円~
JAL274,560円~483,210円~-


日系航空会社との比較



日系航空会社との比較まとめ

ここまで、マレーシア航空と日系航空会社を比べてみました。
3社ともフルサービスキャリアなので、安全面やサービス対応などしっかりしているので快適さは抜群でしょう。
マレーシア航空は、JALやANAと同等のサービスを受けられるのに料金はJAL・ANAよりも比較的安いということが分かりました。
マレーシア航空は、リーズナブルなお値段でフルサービスキャリアの快適さを体験できる航空会社です。
次の海外旅行は、マレーシア航空を検討してみてはいかがでしょうか?きっと満足のいく旅になるでしょう。



日系航空会社との比較



マレーシア航空の申し込みはファーサイトがおすすめ

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

マレーシア航空利用のツアー一覧はこちら