マレーシア航空新型コロナウイルスに関する最新情報

マレーシア航空新型コロナウイルスに関する最新情報

2020年に世界中に影響を及ぼした新型コロナウイルス。人々の生活は変わり、いまだ終息はしていません。コロナ禍によって海外旅行を断念した人も多いのではないでしょうか。
しかし以前よりは被害が減少している傾向にあり、国内旅行も復活しつつあります。海外旅行はどうでしょうか?航空会社の対応、予約やキャンセルについて、渡航勧告など気になることはたくさんあることでしょう。
ここではマレーシア航空の新型コロナウイルスに対する対応と最新情報をご案内します。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

新型コロナウイルスに対するマレーシア航空の対応(2021/7/6現在)

各国の航空会社は、新型コロナウイルスに対してどのような対応をしているのでしょうか?ここでは、マレーシア航空の最新情報を見ていきましょう。

マレーシア航空の各種対応(2021/2/1現在)

マレーシア航空を利用する場合の航空券の取り扱い、旅行の規制、臨時対応などの詳細は、今後の状況によって変わる場合があるので、必ず公式ホームページでご確認ください。

成田発便のチェックイン I(アイ)カウンター

※変更となる場合があるため事前にホームページ等で確認してください

公式ホームページ
https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja/advisory/nrt-kix.html

48時間以内に出発する場合(2021/7/6現在)

現在、問い合わせが殺到していて電話が繋がりにくい状態です。ただし、48時間以内に出発するお客様は優先されます。

公式ホームページ
https://www.malaysiaairlines.com/hq/en/assistance-request-form.html

問い合わせ先(48時間以内の出発)
1-300-88-3000(マレーシア内)  または   +603 7843 3000(マレーシア国外)

近日中に出発する場合(2021/7/6現在)

近日中に出発を予定している場合の変更やキャンセルなどは、下記のリクエストフォームから申込をしましょう。公式ホームページにも記載されているフォームです。このフォームから送信することで、マレーシア航空グローバルコールセンターでの待ち時間を大幅に短縮できます。
およそ14営業日以内に返信が来る予定です。

リクエストフォーム(近日中の出発)
https://www.malaysiaairlines.com/hq/en/assistance-request-form.html

近日中に出発する場合(2021/6/7現在)

マレーシア航空の最新情報(2021/7/5現在)

マレーシア航空が提供するサービスは、規制に基づき対応が変更になることがあります。
クアラルンプール国際空港とクアラルンプールを結ぶ列車「エクスプレスレールリンク (Express Rail Link Sdn. Bhd.=(ERL)」の運行状況、 NUセントラルチケットオフィスについて、ラウンジの営業、空港や機内での対応の変更など、最新情報は以下より確認できます。

マレーシア航空最新情報
https://www.malaysiaairlines.com/my/en/advisory/travel-information/additional-information.html

フライトスケジュール(2021/7/6現在)

現在、さまざまな規制が行われています。必ず以下より確認をしましょう。

最新フライトスケジュール
https://www.malaysiaairlines.com/my/en/plan-your-trip/flight-schedule.html

予約変更について(2021/7/6現在)

予約変更や再予約については、以下より詳細を確認しましょう。
https://www.malaysiaairlines.com/my/en/advisory/travel-information/travel-flexibility.html


払い戻しについて(2020/2/25現在)

マレーシア航空では、下記の特別規定に基づき予約変更、または払い戻しが可能です。
グローバルコールセンター(マレーシアからは1-300-88-3000、マレーシア以外の国からは+603 7843 3000)に電話で連絡をしましょう。

ご利用便の予約変更および払い戻しについて
https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja/advisory/coronavirus-entry-restrictions.html

予約変更・払い戻しについて

 

入国制限について(2021/7/6現在)

現在マレーシアでは一時的な入国規制が行われています。入国や出国には条件がありますので、以下を参考にしてください。
また、東マレーシアに位置するサバ州、サラワクにも規制があります。

マレーシアの旅行規制
 https://www.malaysiaairlines.com/my/en/advisory/travel-information.html
 ・入国可能な旅客の区分
 ・渡航手続きと検疫命令
 ・移動規制令による渡航手続

サバ州、サワラクの旅行規制
https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja/advisory/coronavirus-entry-restrictions.html  

サバ州

サバ州政府は、中国のパスポートを持つ旅行者へ一時的な入国制限を発表しました。
(詳細 https://www.sabahtourism.com/advisory/
これに基づき、マレーシア航空はコタキナバル ~上海 ~コタキナバル間のMH394便を2020年2月18日より当分の間運休します。
マレーシア航空はクアラルンプールまたはコタキナバルと上海、北京、香港間の便を減便します。

サラワク

サラワク州危機管理委員会事務局(The Sarawak Disaster Management Committee Secretariat)は、全ての中国人、および過去14日以内に中国を旅行した外国人の立ち入りを一時的に禁止しています。
サラワク州観光省、および保健省の規定に従い、上記以外の乗客もサラワク州への立ち入りには問診票に記入する必要があります。
2020年2月10日以降、シンガポール ~ クチンなどの直行便、またはクアラルンプール経由で短期訪問のためにサラワク州を旅行するシンガポール国籍の乗客は、保健省が定めたガイドラインに従い、14日間自宅での経過観察を要します。

入国制限について

マレーシア航空の安全への取り組み(2021/7/6現在)

各国の航空会社は徹底したコロナ対策を行っています。
その中でもマレーシア航空は、航空格付け会社エアラインレイティングスからコロナ対策で7つ星を獲得しています。評価される項目は7つあり、そのすべてで優秀と認定されました。
感染の可能性のある乗客に接する際には、マレーシア保健省、世界保健機構(WHO)および国際民間航空機関(ICAO)の規定した航空保健プログラムに従って対応し、機内感染リスクを減らすため、すべての航空機に感染症のメディカルキットを搭載しています。

トラベルジャーナルオンライン(2021/2/15)

マレーシア航空(MH)は、新型コロナウイルス感染症に対する健康と安全に対する取り組みについて、航空格付け会社のエアラインレイティングスから最高位の7つ星を獲得した。

 格付けは評価項目として7つのカテゴリーが設けられている。感染症に関するホームページでの情報提供、搭乗時のソーシャルディスタンス、乗務員の個人用防護具、マスク着用の義務化、機内食のサービス変更、乗客の衛生キット、航空機の徹底した洗浄で、同社は全カテゴリーで優秀と評価された。

 MHはコロナの感染拡大を受けてサービスや規定を変更。昨年7月には「Fly Confidently」と銘打ったキャンペーンを開始し、空港や機内での感染症対策への顧客の理解醸成に努めている。(一部引用)

具体的にどのような対策を行っているのかご紹介します。
https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja/campaign/fly-with-confidence.html

【空港設備とチェックイン】
・セルフチェックイン、仕切りパネル、拭き掃除と消毒

【搭乗時】
・検温、保安検査
・スタッフの手指消毒の徹底
・搭乗待合室の時間指定
・少人数ごとの搭乗

【機内】
・全搭乗者への衛生キットの配布
・ヘッドフォンやブランケットなどの消毒
・機内食のサービス変更
・へパ(高性能集塵)エアフィルターによる機内の空気清浄システムで、埃やウイルス、バクテリアなど空気中の有害物質を99.97%除去
・飛行中の定期的な化粧室清掃
・各便を運航後、航空機メーカーによって許可された消毒剤を使って機内清掃

【到着時/乗り継ぎ】
・ヘルスカードの記入、サーマルカメラでの体温測定
・ターミナル内の移動、税関、入国審査場、手荷物受取所でのソーシャルディスタンス

【ゴールデンラウンジ】
・検温
・現地保健当局の安全規定に準拠したラウンジ設備、アメニティ、スタッフのサービス
・席のソーシャルディスタンス
・モバイル端末による食事の注文

マレーシア航空の安全への取り組み

マレーシア航空の新型コロナウイルス関連まとめ(2021/7/6現在)

新型コロナウイルスの流行によって旅行に出かけるのが難しくなってしまった2020年。ワクチンの開発や緊急事態宣言の発令、生活様式の見直しなど、各国が終息に向けてさまざまな対策を実施しています。
2021年こそは海外旅行も自由に行きたいものです。
現在は入国制限の緩和・解除を行う国も増えてきており、少しずつ回復にむかっている状況です。

ウィズコロナ、アフターコロナの時代において、安心・安全は一番重視する項目になります。
そして航空会社や旅行会社も、感染拡大防止のためあらゆる対策を行っています。世界中の国へ飛び立てる日が再び訪れるのも、そう遠くはないはず。
近い未来の海外旅行に向けて、マレーシア航空への搭乗を検討してみませんか?

ファーサイトではマレーシア航空の航空券やお得なパッケージツアーを多数ご用意しています。詳しくは下記リンクからご覧ください。

マレーシア航空の申し込みはファーサイトがおすすめ

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

マレーシア航空利用のツアー一覧はこちら