ハワイアン航空の料金比較 日系航空会社(JAL・ANA)

ハワイアン航空料金比較
日系航空会社(JAL・ANA)

ハワイに行ける航空会社といえば複数ありますが、その中でも知名度が高いのは、ハワイアン航空、JAL(日本航空)、ANA(全日空)ではないでしょうか?
海外旅行に必須な航空券を購入する際には、料金についても気になるところ。フルサービスキャリアにするか、LCCにするか迷う人も多いはず。
ここでは、一体どの航空会社を選ぶのが便利なのか比較してみます。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

日系航空会社との比較

日本から行くハワイ便に焦点をあてて、ハワイアン航空、JAL(日本航空)、ANA(全日空)の3社を比べてみましょう。

日系航空会社との比較1:ハワイアン航空とJAL

まずはハワイアン航空とJALを比べてみます。

①フルサービスかLCCか

航空会社を選ぶ際によく目にする「FSC」と「LCC」という言葉。
既存の航空会社は「フルサービスキャリア=FSC」と呼ばれるのに対して、格安航空会社は「ローコストキャリア=LCC」と呼ばれます。
フルサービスキャリアは、飛行機の搭乗に対して快適性や安定性を重視しているのが特徴です。

JALは言わずと知れたフルサービス。そしてハワイアン航空も同じくフルサービス。
ということはハワイアン航空もJALと同様に、預け入れ手荷物が無料、マイレージサービスあり、機内でのサービスも充実しているという事になります。
機内食やドリンクなども無料です。航空券料金の中にこうしたサービス料が含まれているので追加料金がかかりません。座席はエコノミークラスでもゆったりとしているので、長時間のフライトでも快適に過ごせるところが人気です。

航空会社の種類の比較
ハワイアン航空フルサービスキャリア(FSC)
JALフルサービスキャリア(FSC)

②運航便数(ハワイ行き)の比較

例として日本からハワイまでの便数をハワイアン航空とJALで比べてみます。
ハワイアン航空は成田、羽田からは週3日1便で運航しています。
JALは、羽田にて週4~2日1便で運航をしています。
JALでは現在、フライトスケジュールが月ごとに代わるため、
週3便のハワイアン航空の方が予定が立てやすく便利でしょう。
なお、スケジュールは今後変更になる可能性があるため事前にチェックしましょう。

ハワイ行きの運航便数
 成田→ホノルル羽田→ホノルル
ハワイアン航空 週3日1便週3日1便
JAL無し週4~2日1便

※2021/08/05 調べ 正確な運航状況については航空会社にお問い合わせください

③機材の比較

ハワイアン航空とJALの機材を比べてみます。
ハワイアン航空とJALの機材を比べてみます。
ハワイアン航空は、エアバスを主力機とし一部ボーイングも運航しています。
JALの主力機はボーイングです。

機材
ハワイアン航空A330-200   A321neo  B717-20
JALB787-9 B787-8 B777-300ER B777-200ER B767-300ER

④サービスの比較

LCCの場合、運賃は格安ですが、機内食や座席指定などは有料です。
フルサービスの場合は、機内食も受託手荷物も座席指定も全て運賃に含まれているので、
あれもこれもと追加でお金がかかることはありません。(荷物超過料金は除く)
ハワイアン航空とJALフルサービスキャリアのため、サービス面で言うと、ハワイアン航空もJALも大差は無いようです。
機内食や飲み物、アメニティ、手荷物料金や座席指定などは運賃にサービス料が含まれており、それらに追加料金がかかる事はありません。
ハワイアン航空ではスタッフがアロハシャツ等でお出迎えしたり、ハワイアングルメを堪能できたりと、機内からハワイらしさを感じることができます。

⑤料金の比較

上記の通り、ハワイアン航空とJALではハワイまでの便数がJALよりもハワイアン航空の方が多いことがわかりました。サービス面や対応については2社に大差はありません。
では、気になる料金も比較してみましょう。

東京⇔ハワイの往復 
2022年3月1日~3月31日

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 トラベルコスカイスキャナーファーサイト
ハワイアン航空125,550円~123,739円~90,000円~
JAL163,058円~163,058円~
【ビジネスクラスの航空券料金比較】
 トラベルコスカイスキャナーファーサイト
ハワイアン航空396,727円~398,423円~376,000円~
JAL538,498円~516,693円~

日系航空会社との比較2:ハワイアン航空とANA

次に、ハワイアン航空とANAを比べてみます。

①フルサービスかLCCか

ANAもJALと同様に、日本での知名度はかなり高く、もちろんフルサービスです。
ハワイアン航空も上記で述べたようにフルサービスキャリアです。

航空会社の種類の比較
ハワイアン航空フルサービスキャリア(FSC)
ANAフルサービスキャリア(FSC)

②運航便数(ハワイ行き)の比較

例として日本からハワイまでの便数をハワイアン航空とANAで比べてみます。
ANAは、成田、羽田にて週2~1日1便で運航をしています。
ANAでは現在、フライトスケジュールが月ごとに代わるため、週3便を運航しているハワ
イアン航空の方が便数も多く、出発日の予定が立てやすく便利でしょう。
なお、スケジュールは今後変更になる可能性があるため事前にチェックしましょう。

ハワイ行きの運航便数
 成田→ホノルル羽田→ホノルル
ハワイアン航空 週3日1便週3日1便
ANA週2日1便週1~2日1便

※2021/08/05 調べ 正確な運航状況については航空会社にお問い合わせください

③機材の比較

ハワイアン航空とANAの機材を比べてみます。
ハワイアン航空とANAの機材を比べてみます。
ハワイアン航空は、エアバスを主力機とし一部ボーイングも運航しています。
ANAの主力機もエアバスです。

機材
ハワイアン航空A330-200   A321neo  B717-20
ANAA380型機

④サービスの比較

ハワイアン航空とANAはフルサービスキャリアのため、サービス面で言うと、ハワイアン航空もANAも大差は無いようです。

⑤料金の比較

上記の通り、ハワイアン航空とANAを比べると、ハワイまでの便数はハワイアン航空の方が多いことがわかりました。サービス面や対応については2社に大差はありません。
では、気になる料金も比較してみましょう。

東京⇔ハワイの往復 
2022年3月1日~3月31日

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 トラベルコスカイスキャナーファーサイト
ハワイアン航空125,550円~123,739円~90,000円~
ANA80,000円~103,313円~
【ビジネスクラスの航空券料金比較】
 トラベルコスカイスキャナーファーサイト
ハワイアン航空396,727円~398,423円~376,000円~
ANA830,925円~756,400円~


ハワイアン航空の料金比較 日系航空会社(JAL・ANA)



ハワイアン航空と日系航空会社の比較まとめ

ここまでハワイアン航空と日系航空会社を比較してみました。
ハワイアン航空は、日系と変わらない高レベルのサービス、安全性もばっちりで、便数も多い。
さらにハワイアン航空ではハワイアングルメを堪能できたりと、飛行機に乗っている時からおもてなしを感じることができます。
ファーサイトでお得にハワイアン航空のフライトを体験してみませんか?

ハワイアン航空の申し込みはファーサイトがおすすめ

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

ハワイアン航空利用のツアー一覧はこちら