ハワイアン航空の料金比較 LCC(ジップエアー)

ハワイアン航空料金比較
LCC(ジップエアー)

海外旅行に行く際に必要となる航空券。目的地が決まったら、そこに行くための航空会社選びも重要ポイントです。航空券を購入する際には、料金についても気になるところでしょう。
フルサービスキャリアにするか、LCCにするか迷う人も多いはず。

LCCは徹底的にコストを削減しする事により、格安で航空券を提供しています。
ですが、預け荷物や機内食やドリンクに追加料金がかかり、座席が狭かったり、欠航やトラブルの際の補償が無いなど、それなりのリスクも伴うのがLCCです。
フルサービスキャリアは、様々な面での対応がしっかりしていて、飛行機内でも快適に過ごせるのが特徴。

ここでは、フルサービスキャリアとLCCの違いを、ハワイアン航空とジップエアーを例に挙げて比較してみます。航空会社選びの参考になるような情報をご紹介していきます。

航空券検索

出発

目的地

出発

目的地

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
現地出発日

大人 1名 ,子供 0名 ,幼児 0名

大人
12歳以上
子供
2-11歳
幼児
2歳以下
クラス

LCCとの比較

日本から行くハワイ便に焦点をあてて、ハワイアン航空、ジップエアーの2社を比べてみましょう。

LCCとの比較1:ハワイアン航空とジップエアー

ハワイアン航空とジップエアーを比べてみます。

①フルサービスかLCCか

格安航空会社「LCC(ローコストキャリア)」に対して既存の航空会社は「FSC(フルサービスキャリア)」と呼ばれます。LCCは航空券が安いことが最大の特徴ですが、荷物の制限が厳しかったり、機内食やアメニティなどのサービスは基本的に別料金で有料です。また、機内設備は簡素な造りとなっていて、一度で多くのお客様を乗せることにより費用を安く抑えているという仕組みなので、座席は狭い造りになっています。

ハワイアン航空はフルサービスキャリアです。機内でのサービスが充実しており、機内食やドリンクなども無料です。航空券料金の中にこうしたサービス料が含まれているので追加料金がかかりません。座席はエコノミークラスでもゆったりとしているので、長時間のフライトでも快適に過ごせるところが人気です。

航空会社の種類の比較
ハワイアン航空フルサービスキャリア(FSC)
ジップエアーローコストキャリア(LCC)

②運航便数(ハワイ行き)の比較

例として日本からハワイまでの便数をハワイアン航空とジップエアーで比べてみます。
ハワイアン航空は成田からは週3日1便、関西からは週1日1便で運航しています。
ジップエアーは、関空にて週1日1便で運航をしています。
ジップエアーでは成田便は運航していませんので、ハワイアン航空の方が選択肢が広がり便利でしょう。
なお、スケジュールは今後変更になる可能性があるため事前にチェックしましょう。

ハワイ行きの運航便数
 成田→ホノルル関空→ホノルル
マレーシア航空 週3日1便週1日1便
ジップエアー無し週1日1便

※2021/07/30 調べ 正確な運航状況については航空会社にお問い合わせください

③機材の比較

ハワイアン航空とジップエアーの機材を比べてみます。
ハワイアン航空は、エアバスを主力機とし一部ボーイングも運航しています。
ジップエアーはボーイング787-8型機を所有しており、中長距離向けの機材を使用しています。

機材
ハワイアン航空A330-200   A321neo  B717-20
ジップエアーB787-8

④サービスの比較

フルサービスキャリアのハワイアン航空と、LCCのジップエアーとで、サービスの違いを見ていきましょう。
ハワイアン航空は、機内食や飲み物、アメニティ、手荷物料金や座席指定などは運賃にサービス料が含まれているため、それらに追加料金がかかる事はありません。
また、機内では一人一人の席にモニターがあり映画やゲームなどのエンターテインメントを楽しめます。特にゲームは種類が豊富なため、お子様連れの方でも嬉しい点でもあります。

しかし、LCCのジップエアーには、それらが運賃に含まれていません。
LCCはコストを徹底的に削減する事により、格安で航空券を提供できているので、フルサービスキャリアのようなサービスを無料で受けることはできません。全て別料金が加算されます。
ジップエアーにも機内食はありますが、有料で注文しない限り機内食が運ばれてくることもなく、 モニターも無いのでフライト中に映画などを見たりゲームをする事もできません。
予約変更、予約取り消しでの払い戻しが不可なので、急にどうしてもスケジュール変更をしなくてはならない場合でもお金が返ってくることはありません。
その可能性を考えると、フルサービスキャリアを選んでおけばそのような心配もないでしょう。

サービス面でもフルサービスキャリアとLCCとではかなりの差がありますが、どちらにするかは人それぞれ。何を重視するかによって選んでみるのも良いでしょう。

⑤料金の比較

上記の通り、ハワイアン航空とジップエアーではサービス面や対応についてかなりの違いがあることがお分かりいただけたと思います。では、気になる料金も比較してみましょう。

東京⇔ハワイの往復 
2022/3/1~3/31

【エコノミークラスの航空券料金比較】
 ファーサイトスカイキャナートラベルコ平均金額
ハワイアン航空90,000円~ 123,739円~125,550円~113,096円~
ジップエアー---60,202円~62,401円~61,301円~


ハワイアン航空の料金比較 LCC(ジップエアー)



LCCとの比較まとめ

ここまでフルサービスキャリアとLCCを比較してみました。サービスや対応面で大きな差があることが分かったのではないでしょうか。
LCCは近年では知名度も高く多くの方が利用していますが、快適性や対応面ではフルサービスキャリアに劣る部分もあると言えます。
多少のデメリットやリスクがあってもとにかく安く航空券を手に入れたい!という費用面重視の方は、LCCを選択するのが良いでしょう。
安全性や快適性、サービスの充実を重視したい方には、ハワイアン航空のようなフルサービスキャリアをおすすめします。
長距離フライトではフルサービスキャリアを、短時間のフライトであればLCCを。など両方試してみるのも面白いかもしれません。
ファーサイトでお得にハワイアン航空のフライトを体験してみませんか?



ハワイアン航空の料金比較 LCC(ジップエアー)



ハワイアン航空の申し込みはファーサイトがおすすめ

海外ツアー検索

出発地

目的地1

目的地2

目的地3

目的地4

目的地5

出発地
出発地を選択
目的地
都市
出発日
日数
日間
航空会社
ホテル星
ホテル名
このホテルにのみ宿泊
キーワード
コースコード

ハワイアン航空利用のツアー一覧はこちら